AI関連

AI技術の普及により移動も安全に

0

皆さんは最近外に出かけていますか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、移動のリスクを感じていませんか?

混雑しているとき。
自分の近くにマスクをしていない人がいたとき。
咳をしている人がいたとき。
換気がまったくされていないとき。
狭い密閉空間にいなければならないとき。
そんなときには、みなさん大きな不安を感じてしまうことが多いと思います。

コロナウイルスの流行が始まってから、もうそろそろ約1年になります。しかし、残念ながらまだ感染流行の収束は見えていません。
ですが、そんな中でも皆さんの日常生活は続いていっていますよね。買い物や通勤・通学など、普段から頻繁に公共交通機関を利用している人が多いのではないかと思います。
特に、感染者数が多い都市部では、多くの人々が公共交通機関を利用しています。

そうした中では、どうしても車内が密になりがちになってしまっているのではないでしょうか。
密閉された空間では、感染のリスクがどうしても高くなってしまいます。

コロナウイルスへの感染拡大を防ぎつつ、安定した交通事業を推進できるようにすることが、業界全体においての課題として急務なのではないでしょうか。

安定した業務を行うためには

新型コロナウイルスの流行は収まる気配がないものの、公共交通機関の運営は続けなければなりません。
電車と比較して、密閉された空間に長時間いなければならないのが「バス」です。
誰が感染しているかもわからない状況で、長時間密閉空間に滞在することで、不安を感じていませんか?

経済活動は動いている中で、コロナウイルスの感染対策も行わなければならない・・・そんな状況で、あなたはバスに乗らなければならなかったらどうしますか?
安全な運行を円滑に行うためには、きちんとした感染対策を行っていくことが重要です。バスの乗客だけではなく、ドライバーにおいても感染の脅威と戦っています。

そんな中、安心してドライバーがバスを運転でき、乗客が利用できるようになるためには、AI(人工知能)の力を活用することが有効的なのです。
AIを利用して混雑度を確認することができれば、新型コロナウイルスの感染拡大への対策になるのではないでしょうか。カメラとAIを連携させることによって、人が毎回確認する必要が無くなります。

どの業界においても、人手不足が問題とされている今の時代では、毎回人が確認する必要がないということは、大きなメリットになります。
もしも一定以上の乗車率になってしまった場合にアラートをあげることができれば、負担を大きく軽減することができます。
AIは、24時間365日可動できるので、いつでも対応が可能です。それを基にドライバーや事業所のスタッフが対応すれば良いため、手間や時間のロスをなくすことが出来ます。

方法としてはバスの乗り口と降り口のそれぞれにカメラを設置します。
そして、車内のコンピューターから画像を解析することで、どのくらいの乗車率なのかがすぐに分かるようになります。

新型コロナウイルスの感染拡大前までは、バスの乗車率などは、高くてもやむを得ず、混みすぎていて乗車できないといった場合には乗車を断っているというのが、多かったのではないかと思います。
コロナ禍の現在では、きちんと乗車率に関しても考慮に入れなければなりませんので、混雑度の情報を常に把握しておくことはとても重要になります。

また、バスの乗車率を把握するだけではありません。
画像センシングの技術を利用することで様々な情報を把握することとできます。
例えば、年齢、性別、体温、マスクの着用有無など、把握できる情報はたくさんあります。

情報をどう活用するのか?

それぞれのバス会社が混雑状況をリアルタイムで発信することができるようになるのです。
スマートフォンのアプリやバス停の時刻表示などのディスプレイで情報を発信することができれば、利用者が混雑を回避することができます。

まとめ

このように、感染拡大防止のために対応していくことは、今の時代ではとても重要なことになっています。
なかなかコロナウイルスの感染が減少してくれていないという現状が今でもあります。
企業として経済活動を行なっていかなければならない以上、対策をきちんと行っているということがとても重要なことになっています。
きちんと対策をしているということがアピールできれば、社会全体に良いアピールにもなります。

きちんと対策を行うことで、イメージだけではなく、利用する際の安心感にもつながります。
このような、画像センシングを利用した技術というのは、今回のバスの事例だけではなく、様々な業種・業界に導入することができるのではないかと考えられます。
ぜひ、皆さんの暮らしを安心・安全にしていきませんか?

0

【テレワーク×AI】今後も続くであろうテレワークとどう向き合っていくのか前のページ

【化粧品業界×最新技術】AIが化粧品のアドバイザーに!?次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. AIさくらさん

    【人工知能(AI)×社内システム】人工知能(AI)で大きく進む社内業務効率化

    【人工知能(AI)×社内システム】人工知能(AI)の進化によって仕事を…

  2. AI関連

    オフィスを快適に! IoT×人工知能(AI)の活用方法

    スマートホームなど、住宅のIoT化が進んでいる中、職場での環境を変える…

  3. AI関連

    【人工知能(AI)×教育】AIサービスは教育にどのように関わることが出来るのか

    未来を担う次の世代を育む教育はAIの活用によって大きく進歩しようとして…

  4. AI関連

    現在のAI活用のトレンドとは?どのような分野で活かせるのか

    「様々なことが可能になる夢の技術」と話題のAIですが、実際にどんな事が…

  5. AI関連

    「未来の雇用」の今を見る ~無くならない仕事編~

    さて、前回は「未来の雇用」という論文で発表された、10~20年の未来に…

  6. AI関連

    【人工知能(AI)×ホームページ解析】Googleアナリティクスの新機能「ユーザーエクスプローラ」と…

    Googleアナリティクスの新機能である「ユーザーエクスプローラ」は、…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    アプリを使ってタイムスリップ!昔の上田を見てみよう
  2. Web関連

    【Web制作】モバイルファーストとは?スマホが手放せない現代でのWeb設計
  3. Web関連

    ホームページ制作会社が紹介するグローバルナビゲーションの情報分類4パターン
  4. AI関連

    【人工知能・AI×Web】今すぐマーケティング本を閉じて、AIに全部任せる新サー…
  5. Web関連

    ちょっと前にはやったWEBコンシェルジュの今
PAGE TOP