AI関連

スマートストアにより、小売業は激変する

0

皆さんは、買い物をする時に「他に購入するものはあったかな?」と悩んだことはありませんか?
私は買い物に行く時には必ず購入するものを決めてから行くのですが、買って帰ってきてから「あれ買っておけば良かった…」と気付き、後悔することが2回に1回ぐらいあります。

新型コロナウイルスの流行で外出頻度を少なくする人も多い中、どうしても人が多い場所に行かなくてはいけない買い物では、出来る限り一回の買い物で済ませてしまいたいと考える人が多いのではないでしょうか。

そうした声に合わせて特に買い物客の多いスーパーマーケットでは、最新技術とかけ合わせてお客様の感染対策・予防、そして買い物の便利さを提供できるよう進化しています。
今回は、そういった実例も交えながら具体的に紹介していきたいと思います。

小売業界の現状

新型コロナウイルスの流行によって、影響を受けたのは小売業も同様です。
旅行業やアパレル業のように誰が見ても売り上げが大幅に減少した業界と比べると影響は少ないのかもしれませんが、外出自粛や感染対策により、やはり前年より売り上げが減少しています。
「外出自粛で必要なものを購入する為に、逆に売り上げが上がったんじゃないか?」と思う人もいるとは思いますが、対面で接客をすることが主である小売業においては、店舗で購入を避ける人が多くいたことが影響の原因と考えられます。

つまり「オンライン」で購入しようと考える人が増えた為、売り上げがコロナ流行前より下がったということです。
その影響が分かるように、ECサイトの需要が上がっており、オンラインでの売り上げが増加しています。

その為小売業は、対面での接客販売だけではなくオンラインでの販売に目を向ける企業が増えてきています。

アフターコロナに向けて、小売業が考えるべきこと

小売業界の現状について説明しました。
では、実際にアフターコロナに向けて小売業が考えていくべきことは何なのでしょうか?

オンライン化を進める

前述しましたが、新型コロナウイルスの流行をきっかけとして、ECサイトの需要が急激に増加しました。
感染リスクを考えて実店舗へ足を運ぶ機会が減り、なるべく外出をせずに買い物を済ませようという考えの人が増加したからです。

実店舗での売り上げは、アフターコロナ後も元には戻らないと予想されています。
なぜならば、消費者が実際にECサイトを使用したことによる「便利さ」に慣れてしまうからです。
オンラインでの購入に躊躇があった層も、実際に体験をしてみることで、オンライン購入へのハードルが下がったのではないでしょうか。

こうしたハードルが下がった今、逆にECサイトが無いと不便と感じる人が増加していきます。
需要が高まっている今だからこそ、ECサイトを初めとしたオンラインの仕組みを増やし、顧客獲得へと動き出す必要があります。

体験を提供する

オンライン化の需要が高まる一方、実店舗での販売もおろそかにはしてはいけません。
需要が高まったとはいっても、一定層足を運んで購入したいという人がいるのであれば、オンラインでは出来ない体験を提供することが重要となります。

オンラインでは販売出来ない商品のラインナップや、アドバイザー、要望に応じて対応するサービス等、実店舗だからこそ出来ることがあります。

そうした体験を提供していくことで、オンラインだけではなく、実際に足を運んでみようという気持ちになる人が増えるのではないでしょうか。
人の外出時間は短くなりましたが、「行ってみて良かった」と感じてもらえるサービスづくりがリピーターを生むきっかけとなるでしょう。

AI、IoT等の最新技術を導入する

前述で、実店舗のサービス向上が必要と説明しました。
ですが、感染対策で人との接触を避ける中ではなかなか具体案も出てこないのではないでしょうか?
人との接触を避けつつ、新たなサービス向上の取り組みとして、AIやIoTなどの最新技術の導入があります。

現状よく見かけるシステムとして「セルフレジ」があります。
お客様自身でレジに通して金額を払う為、接客自体が最小限で済みます。
こうした目に見えて変わるシステム以外にも、通常なら従業員にする質問をAIが回答したり、インターネットで事前に注文した商品を帰宅中に店舗で受け取るだけ、ということも出来ます。
店舗が抱える問題や、お客様がより便利だと感じる技術を導入することで、サービス向上につながるでしょう。

スマートストア

様々な問題の中、スマートストアという新たなスーパーマーケットが誕生しました。
スマートストアとは、電子タグ(RFID)やAI(人工知能)を使い、流通における様々な課題を解決する実店舗のことです。

実際に、スーパーマーケットトライアル長沼店(千葉県)で導入、実証実験がされています。
スマートストアではカゴの中で購入まで完了することが可能な為、レジに並ぶ必要がありません。
お客様は長時間人が多い中で待つ必要が無くなり、従業員も対面での接客対応が無くなる為、互いに感染リスクを下げることが出来ます。

元々コロナ禍前から開発が進んできていた技術ではありますが、アフターコロナの生活様式にあった小売の形と言えるのではないでしょうか。

さいごに

新型コロナウイルスに対するワクチンが出来るまで、感染対策が大切となります。
普段行く機会の多いスーパーマーケット等の小売店だからこそ、感染対策やアフターコロナにおける生活様式の変化に対応した接客が重要なものとなります。

従業員もお客様も安心できる環境になるように、取り組みを実施していきましょう!

0

【化粧品業界×最新技術】AIが化粧品のアドバイザーに!?前のページ

約1年間のウィズコロナ生活で大きく変わったもの次のページ

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルスで日本の働き方改革が起こる
  2. 大手企業も注目するMaaS(Mobility as a Service)とは何か…
  3. 新しい販売形態であるDtoCについて考えてみる
  4. AIに求められているものは、実は意外な物だった

関連記事

  1. Web関連

    料理レシピサイトでおなじみの「クックパッド」が結構すごかった

    女性の方は「クックパッド」を利用したことがある方が多いのではないでしょ…

  2. サービス・新技術

    ドローン使用で警備が大きく進化する!

    皆さんはドローンという言葉を一度は聞いたことがありますか?誰しも一度は…

  3. AI関連

    ウイルス感染の心配ゼロ!会話いらずでAIが接客対応を実現します

    今年一番の大事件「新型コロナウイルス」。外出自粛令もあり、仕事もテ…

  4. AI関連

    AIが新型コロナウイルスの感染を防ぐ!その驚くべき方法とは!?

    新型コロナウイルスの現状2020年1月から中国の武漢市から肺炎が広…

  5. img

    AI関連

    IKEA原宿でみた今後の実店舗の役割

    どうもこんにちは外出規制が緩和され街に活気が戻ってきましたね。…

  6. AI関連

    クラウド環境の普及で何が変わった!?

    今回のテーマは「クラウド」です。昨今では、もはや当たり前のサービス…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 人間拡張×AIで非接触なデジタル化を推進する
  2. ヘルスケアはAI先生にみてもらう時代
  3. withコロナは非接触技術で生活しよう!
  4. デジタル接客+AIで非接触を推進する
  5. 遠隔診療や遠隔医療普及のポイントはAIと5G

アーカイブ

  1. Web関連

    ワイヤーフレームを作る前に気を付けたい5つのこと~リニューアル編~
  2. Web関連

    末恐ろしい。小学生が開発したスマホアプリ
  3. Web関連

    マーケティングオートメーションの導入のポイント
  4. Web関連

    ホームページ制作会社がまとめるカスタマーサポートに必要なポイント!
  5. Web関連

    「レスポンシブEメールデザイン」で見込み顧客を一気に獲得!
PAGE TOP